Daiso

BluetoothスピーカーとBluetoothイヤホン!

こんにちは!mizuminです。

最近は本当に便利な世の中になり、PCやスマホ等から伸びるケーブルの煩わしさに開放されて、無線通信ができるワイヤレスの機器も沢山ありますね!

ダイソーでもワイヤレスのスピーカーやイヤホンが何種類か発売されてます。

値段も100均としては高めですが、Bluetoothでこの値段ならばかなりお得だと思います。

今回はそれを紹介したいと思います。

Bluetoothのスピーカー

現在ダイソーで発売されているスピーカーでBluetooth対応の物はこちらの2種類です。

2つともこれがスピーカー??と思ってしまうような形といい、値段といい正直大丈夫?だったのですが、これがなかな凄かったんです。

共に600円で販売されています。共通の仕様ですが一番の特徴は防滴仕様で、浴室で使えるという事です。

裏には吸盤がついているので、固定が出来るので安定感もありますし、ツルツルした壁にも着けられるのが便利です。

そしてハンズフリー通話機能が付いています。

はそれぞれ3種類あります。今回私はホワイトとピンクを選びました。

他の色の種類は写真の色があります。

では2種類それぞれを見てみたいと思います。

Bluetooth Speaker 2

直径約8㎝位の丸い形で、手のひらにのるサイズで、上にボタンが全て付いています。

USB充電コード付きで、リチウム電池内蔵です。

充電はコードをソケットに挿入し、USBプラグをパソコンやAC/DCアダプターにつなげます。

充電が始まると、赤いランプが付き、完全に充電されたらランプが消えます。

充電時間:約3時間

使用時間:3時間

Bluetoothとペアリングについて

電源が切れている状態で、電源ボタンをおよそ6秒押すと、音がして青色LEDが点滅します。

自身の携帯のBluetoothをオンにします。

後はデバイスとスピーカーをペアリングしてつなげます。

切るときは同じく長押しすると切れます。

Bluetoothのボタン説明

1 商品のOn/Offのスイッチ、電源

2 短く押せば前の曲に移り、長く押せば音量を下げられます。

3 電話を受け、切る事が出来ます。

4 短く押せば次の曲に移り、長く押せば音量を上げれます。

5 音楽再生/一時停止

 

Bluetooth Speaker Wireless

直径約6cmのコロンとしたフォルムで上の部分がスピーカーです。

スイッチ部分には埃防止のカバーがあり、そこを開けるとマイクロUSBの充電口と、電源のスイッチがあります。

充電が始まると、赤いランプが点灯し、充電完了すると青のライトが点灯します。

充電時間:1.5~2時間

使用時間:70%のボリュームで2~3時間

この70%はわかりずらく、なぜこのような表記をするのか?不明ですが、充電時間も短くていいので、使用時間もそれなりかと思います。

Bluetoothのペアリングに関しては

やり方は先のスピーカーと同じですが、スイッチを入れると、英語で”Bluetoothデバイスが接続されました”とながれます。その際、ペアリング中は青いライトが早く点滅し、ペアリングが成功すると青いライトがゆっくり点滅して知らせてくれます。

Bluetoothのボタン説明

本体の側面についているのですが、ちょっと分かりずらいです。

1 長押しで音を下げます。

2 携帯電話にかかってきた電話をこのボタンを押すとハンズフリーで通話ができ、もお一度押すと電話が切れます。

かかってきた相手の番号が英語で拡声されます。

このボタンを2回押すと、リダイヤルできます。

3 長押しで音を上げます。

4 小さい穴がマイクです。

Bluetoothのスピーカーからの音を聞いて

実際2つのスピーカーで同じ音楽を聴き比べてみたのですが、まず普通に綺麗な音が出るのにびっくりしました。

そして、違いなんですが、白い方は低音がよく聞こえる気がします。逆にピンクの方は高音が白に比べて綺麗に聞こえる気がしました。

どちらがいいとは言えませんが、2つに極端な違いはないので、形や色の好みで選んだらいいのでは?と思います。

Bluetoothワイヤレス片耳イヤホン

こちらはBluetooth対応の片耳のイヤホンです。

色は黒と白の2色、300円の商品です。充電できるUSBケーブルが付いています。

真ん中の透明のものは、イヤーフックで落下防止の為に、本体に装着して、耳にかけて使用します。

充電時間:2時間(充電すると赤いランプ、完了すると青いランプがつきます。)

連続再生:1時間、連続通話:1時間、連続待機:24時間、通信距離:10m

と小さいながらかなり優秀だと思います。

本体真ん中より少し上にあるボタン!これをマルチ機能ボタンといい、ほとんどがこのボタンで操作できます。

Bluetoothで電話

電話の受け方:電話がかかってきたら、マルチ機能ボタンを1回押して電話を受けます。

電話の切り方:電話をかけている時、或いは通話時にマルチ機能ボタンを1回押せば切れます。

着信拒否:電話がかかって来たとき、マルチ機能ボタンを2回押して話せば着信拒否が出来ます。

リダイヤル:マルチ機能ボタンを素早く2回押せば、リダイヤルされます。

電話がかかってくると、Bluetoothイヤホンが相手側の電話番号を読み上げます。

しかし私は、これは慣れるまでに少し時間がかかりそうです。

スピーカーのように見ての動作ではなく、手だけでやると、訳が分からなくなりそうです。

Blutoothで音楽

音楽再生についてですが、片耳のイヤホンなので素晴しく音がいいとはいいませんが、気軽に使えるのと、周りの音も取りやすいので、耳につけっぱなしでも邪魔にならないと思います。

こちらもマルチ機能ボタンを短く押すと音楽再生、再度短く押すと音楽停止。というように切り替えが出来ます。

側面の+-ボタンでは音量の切り替えが出来ます。

Bluetoothスピーカーとイヤホンのまとめ

実はずっとイヤホンはコード付きのものを使っていました。

今回今更ながら、Bluetoothって凄いと思いました。今はキッチンに立つときにはこのイヤホンを使うようになりました。

わずか600円のスピーカーにしても、300円の片耳イヤホンにしても、値段からしたらかなりお得な商品だと思います。

もし機会があったら見てみてくださいね!



-Daiso
-

© 2020 みずかぶ