Daiso

ピッタマスク(PITTA)風のポリウレタン生地マスクダイソーから発売

こんにちは!mizuminです。

今回紹介したいマスクは、ポリウレタン生地で出来たマスクです。

PITTAマスクはご存じですか?スポンジのような出ざわりで、以前から人気のマスクです。

コロナで品薄になっていましたが、最近ではドラックストア等で見かける事も増えてきました。

色もサイズも様々で、PITTAファンの方も多いと思います。

そのポリウレタン生地を使ったマスクがダイソーでも発売されています。

現在、ダイソーでも日々新しい種類のマスクが発売されています。

何種類ものマスクのなかでも、ポリウレタンのマスクは初めてだと思います。

PITTA風のマスクとPITTAとの比較もしたいと思います。

ピッタマスク風のマスクの色は5種類

こちらが今回発売されているポリウレタン製の生地で作られている、PITTA風のマスクです。

色はブラック、ネイビー、サーモンピンク、ライトグレー、アイボリーホワイトの5種類です。

1枚入りで値段は100円です。中国製です。

サイズは1サイズで、普通サイズのみですので、小さめを普段使用している人には少し大きいかもしれません。

パッケージを開けると、さらに中袋に入っており、衛生的に感じました。

ただ、パッケージに書かれているマスクは絵なので、実際の色が分かりずらいです。

中袋を取り出した状態の画像はこのような色です。

ブラックとサーモンピンクはパッケージと同じですが、アイボリーホワイトは実際の方がくすんでいて、ネイビーは実際は青みが強い紺色で、ライトグレーに関してはパッケージが紫色に近い感じがしますが、実際はライトグレーでした。

ピッタマスク風のマスクの特徴

中袋を開けて、出したマスクがこちらです。(ネイビーを使用)

形は立体構造、サイズは約縦13㎝×横27.5㎝

息がしやすく、耳も痛くなりにくく、使い捨てではないので、繰り返し洗って使用できます。

ピッタマスク風のマスクの洗濯時の注意

  • 手洗いを推奨します。しかも軽く押し洗いをしてください。
  • 洗剤は中性洗剤を使用してください。
  • 脱水機は使用せずに、軽く絞ったら陰干ししてください。
  • アイロン掛けはしないでください。

やはり、薄いスポンジ生地の様な感じですので、ほかの布や、ポリエステル生地よりは、優しく扱う事が、長く使用できるコツだと思います。

ピッタマスク風のマスクとPITTAマスク

以前からPITTAマスクを使用しているので、自宅にあるPITTAマスクと比べてみました。(PITTAマスクの普通サイズと比べています)

まず大きさです。(左側がダイソーのピッタマスク風のマスク、右側がPITTAマスク)

ほぼ同じ大きさに感じられます。鼻に当たる部分はPITTAマスクの方がカーブしています。

耳かけ部分はPITTAマスクの方が大きく耳の後ろに当たる部分はやや細く出来ています。

重ねると違いが判ると思います。

生地の厚みですが、(左側PITTAマスク、右側ピッタマスク風のマスク)

ダイソーのピッタマスク風のマスクの方がやや厚みがあります。

生地のアップですが素人目には違いは感じられなかったです。

2つを実際に使用してみた感想

着けた感触に違いはほぼ感じられないと思います。

ダイソーの方がやや厚みがあるのでPITTAマスクの方が柔らかくは感じられました。

でもPITTAマスクは値段も高めなので、ピッタマスク風のマスクでも十分満足できる商品だと思います。

ピッタマスク風のマスクの感想

今回ダイソーではじめてのポリウレタン製のマスクを紹介しました。

今後もダイソーは次々と新しいマスクを発売していくと思います。

既に和柄という名前の鬼滅の刃柄風のマスクも販売しています。

30枚で100円のマスクのようなものが今後発売するかわかりませんが、注目していきたいと思います。

-Daiso
-

© 2021 みずかぶ